〜エアサスペンションって?〜

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

TOP > エアサスペンションって?

エアサスペンションに関する疑問のページです。

エアサスペンションに関する疑問のページです。

サスペンションの種類にはいくつかの方式があることは「サスペンションって?」でも紹介しました。

通常の乗用車(一部を除く)のサスペンションは「バネ」を利用して衝撃を吸収して いますが
「空気」を利用したサスペンションがあります。

それが「エアサスペンション」です。そんなエアーサスペンションに関する疑問のページです。

ここから「エアサスペンション」について説明しています。

エアサスペンションって?

エアサスペンション(air suspension,エアサス、空気バネとも言う)は圧縮空気の弾力性を利用したバネ装置
を言います。

特徴としては、空気の弾性を利用するため細かい振動を吸収するので乗り心地が良いことや、「強さ」(レート)を自由に調整出来るところにあります。

普通のスプリング式のサスペンションはその車の最大積載加重に合わせてサスペンションの「強さ」を設定して
います。その為、車の重量が軽い場合(乗員や荷物が少ない場合)はサスペンションが 硬く感じてしまい
乗り心地が悪くなる場合があります。

それらの欠点を補ったのがエアサスペンションで、レートを自動的に調整できることから
「車の重量が軽い場合」は「軟らかく」、また「車の重量が重い場合」は「固め」に設定することが出来るのです。これらの操作をコンピューターが判断し、自動的に行ってくれる電子制御エアサスペンションもあります。

そのため、常に「最適な乗り心地」が確保できます。用途としては、「トラック」(精密な部品等、傷付きなどに特に注意が必要な物資を搬送する等)や「バス」に多く使用されており、また一部では「高級乗用車」や「SUV車」にも使用されています。

「バス」ではバリアフリー化の進展で乗降性改善のために車高調整機能を持つエアーサスペンションが必要で
ノンステップバスに代表される低床車を中心に採用車種が増えています。人が乗り降りする時は、「車体が低くなり」乗降性を良くしたり、また乗車人数に応じて 「レート」を調整するので、どんな状態でも快適な乗り心地を得ることができます。