〜自動車のオイル?〜

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

TOP > 自動車のオイル?

自動車のどこにオイルが使われているの?

オイル写真

自動車にはいろいろな種類のオイルがあります。

このページではそんな自動車のオイルについて紹介しています。

ここから「自動車のオイル」について説明しています。

自動車のオイルって?

自動車はオイルによって「潤滑」「洗浄」「冷却」あるいは「力を伝える」ことによって走行することができます。自動車にとってオイルはとても重要なものです。

自動車のオイルは使用される用途や箇所によってさまざまな種類のオイルを使っています。ではどのような種類のオイルがあるのでしょうか?大別すると下記のようになります。

オイル箇所図

「パワーステアリングフルード」(以下「PSF」)は油圧で動作するパワーステアリングに使用される作動油です。基本的にはオートマチックトランスミッションで使用される「ATフルード」を使用します。PSFは高圧な状態で使用されますが、通常は交換の必要はありません。しかし、極端にオイルが劣化した場合や、ステアリングに違和感を感じた場合などは交換が必要になります。また、長い間使用しているとオイル量が少しずつ減少してくるため残量のチェックが必要になってきます。PSFのオイルタンク部分に「MIN」と「MAX」のマークが付いているので、それを目安に補充します。

「ミッションオイル」には「マニュアルトランスミッション(MT)」と「オートマチックトランスミッション(AT)」に使用されますが、それぞれ違ったオイル性能をしています。「MTオイル」は主にミッション内のギヤの潤滑を役割としています。通常は交換の必要はあまりないと言われたりしますが「ギヤの入り」が悪くなったりする場合があるので、定期的な交換をおすすめします。また「ATオイル(ATF)」は主にエンジンからのトルクをトランスミッションに動力として伝える役割を担っていてトルクコンバータ内に満たされています。このオイルが劣化すると変速時のショックが大きくなったりします。こちらも定期的な交換が必要で、おおよそ2万km〜3万kmが目安となっています。

「エンジンオイル」はエンジン内で「潤滑」「密封」「冷却」「洗浄」「防錆」などの役割をします。人間で言えば「血液」とも言える重要なものです。エンジン内は常に高温・高速運動の状態にあるためにエンジンオイルは他のオイル と比べると劣化するスピードも速く、定期的な交換サイクルも早い傾向にあります。交換時期についてはいろいろ 意見があると思います。当サイトでは「エンジンオイルの交換時期?」で掲載しています。よければ参考にして下さい。 またエンジンオイルの交換の2回に1回(おおよそ)はオイルをろ過するフィルター(オイルエレメント)も交換することをおすすめします。

「ブレーキフルード」はブレーキペダルを踏んだ圧力をブレーキに伝える作動油です。ブレーキフルードに要求される性質は「粘性が低く、圧力による体積の変化が小さく、耐熱性に優れていること」などが挙げられます。 坂道などで連続してブレーキを踏み続けオイルの耐熱性が限界になった時には、オイルが沸騰して気泡が発生してしまい、ブレーキが効かない状態になる場合があります。これを「ベーパーロック現象」と言いますが 予防対策としては「坂道の下り坂ではエンジンブレーキを併用すること」などが挙げられます。

「デフオイル」は「ディファレンシャルギヤ(デフギヤ)」と呼ばれる、車が曲がる時に駆動輪の内側のタイヤと外側のタイヤの回転差(内輪差)を吸収するギヤを潤滑するオイルのことを言います。 FF車(前輪駆動)の場合「デフギヤ」はトランスミッションと一体になっている場合が多いので、「ATFやミッションギヤオイル」がデフオイルの役割もする車種も多くあります。しかし、FR車(後輪駆動)や4WD(四輪駆動)の場合はデフギヤは個別に取り付けられているために、専用のオイルで定期的な交換が必要になります。また、LSD装着車にはLSD専用のオイルが必要です。