〜ETCカードって?〜

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

TOP > ETCカードって?

ETCカードの種類や割引きについて詳しく知りましょう。

ETCカード画像

ETCを利用するには専用のカード「ETCカード」が必要です。

でも「ETCカードってどんな種類があるの?」「どんな割引きがあるの?」など、ETCカードに関する疑問について紹介しています。

ここから「タイヤのサイズ」について説明しています。

ETCカードって?   ETCの利用明細   ETCカードの種類   ETC割引サービス

ETCカードって?

ETCカード画像

ETCカード(Electronic Toll Collection Card)はETCが設置された有料道路を通行する際に、車に取付けられた「車載器」にあらかじめ挿入しておくことで、ETC専用レーンを通過する時に「車載器アンテナ」と、ETCレーンにある「路側無線装置」の無線通信によって車両を識別し、料金を自動精算する為に必要なカードです。

通行分の料金は後日、クレジットカード会社から利用分を請求される仕組みで、「有料道路専用のクレジットカード」とも言うべき物です。

ICチップ画像

構造は、キャッシュカードの国際規格の大きさと同じで、情報を記憶するICチップと、車載器との接続のための端子を埋め込んだものになっています。ICチップにはETCの利用履歴を記憶することができ、車載器を操作すると音声で利用履歴を教えてくれたり(車載器による)します。(ETCや車載器の詳しい説明はETCって?をご参照下さい。)

ETCカードは「クレジットカード会社/銀行/高速道路会社」など、多くの企業から提供されています。種類も多種で、利用する方のニーズに合ったカードが用意されています。これらのカードを使用する側の大きなメリットは、有料道路料金のさまざまな割引き制度にあります。高速道路などを利用される方はETCカードを使用することをおすすめします。

上へボタン

ETCの利用明細

ETCを利用した料金の「領収書」は自動精算のため、その場では発行されません。利用明細は後日、クレジットカード会社から送られてきますが、業務上の理由で即日発行が必要な方は「明細発行プリンター」や、オンラインで利用証明が発行できるサービスもあるので、それらをご利用ください。

業務上、すぐに明細発行が必要な方 タクシーや運送会社などの方で、すぐに明細発行が必要な方は各メーカーから「明細発行プリンター」が販売されています。会社へ置くタイプや、車内へ設置できるタイプなどがあります。 詳しくはこちらから
サービスエリアやパーキングエリアで発行をご希望の方 上記の「明細発行プリンター」は各サービスエリアやパーキングエリアにも設置されています。設置されている箇所は右記のリンク先から検索下さい。
※SAやPAまでの料金分は高速道路上なので計算されません。
詳しくはこちらから
オンラインで利用証明がご希望の方 インターネットを利用してオンラインで「利用証明」の発行をご希望の方は、右記のリンク先から発行することができます。

※過去62日間の走行が対象となっています。
※ご利用にあたっては「ETCカード番号」「車両番号」が必要になります。

詳しくはこちらから
上へボタン

ETCカードの種類

ETC専用カードとクレジット一体型カード画像ETCカードには大きく分けて「各クレジット会社が発行するカード」(銀行系も含む)「有料道路会社が発行するカード」の2種類があり個人・法人用があります。その内、クレジットカード会社が発行するカードには「ETC専用カード」「ETC/クレジット一体型カード」の2種類に分けられます。

一般的に多く普及しているのは、これらの「クレジット会社が発行するETCカード」で、非常に多くの種類があります。カードによってはさまざまな特典が用意されていて、例えば、クレジットカードを利用してショッピングをすれば、ガソリン代などの値引きやキャッシュバック、また各種の景品に交換できるなど、カードを発行する会社によっていろいろなサービスが用意されています。

ただ、クレジット会社が発行するETCカードを持つ為には、同時にクレジットカードを契約しなければなりません。既にクレジットカードをお持ちの方は必要ありませんが、新たに契約される方は「一定の審査」が必要になります。

ETCパーソナルカード画像そういった審査には抵抗がある方や、何らかの理由で契約できない方には「ETCパーソナルカード」という物があります。

これは高速道路会社6社が共同で発行するETCカードで、クレジットカードを契約せずに利用できます。ただ「審査」の代わりに「預託金(デポジット)」をあらかじめ納める必要があります。カード解約時には返金されます。デポジットの詳細はこちらからどうぞ。

  ETC専用カード画像 ETC/クレジット一体型カード画像 ETCパーソナルカード画像 ETCコーポレートカード画像
概要 クレジット会社が発行するETCカード。ETC専用カードだけの契約は出来ず、クレジットカード契約が必要なため、クレジットカードとETCカードの2枚セットとなる。カードによってはさまざまな特典がある。 クレジット会社が発行するETCカード。クレジットカードとETCカードが一体のため、1枚で利用でき、カードによってはさまざまな特典がある。 高速道路会社6社が共同で発行するETCカード。クレジットカード契約のような「審査」は無い事が特徴。あらかじめ「デポジット」と呼ばれる預託金を納める必要がある。 NEXCO各社が大口・多頻度割引の利用者に発行するETCカード。主に法人が契約する。一般の利用者には不向き。詳しくはこちら。
長所・短所 長所
カードによってさまざまな特典が用意されている。 またETCカードとクレジットカードが別の為、安全面からも優位。一般利用者には最もおすすめなカード。
短所
特に短所は無いが、強いて言えば「カードが2枚になるのでカード入れがかさむ」事など。
長所
カードによってさまざまな特典が用意されている。一体化しているので持ち運びに便利。
短所
一体化しているため、紛失した場合カード被害に遭う危険性がある。
長所
クレジットカードのような「審査」が必要ない。「クレジットカードは持ちたくない」という方にはおすすめなカード。
短所
「審査」が無い代わりに「デポジット」と言われる「預託金」をあらかじめ納める必要がある。(解約時には返金される)
長所
ETCを多く利用する方には「多頻度割引」が適用されるのでお得。
短所
契約する際に「保証金」を納める必要がある。10万円以上の保証金が必要(解約時には返金される)になるため、一般利用者には不向き。主に法人が利用。
ショッピング
(クレジットカード)
× ×
年会費 有料/無料
(カードによる)
有料/無料
(カードによる)
有料
年会費1.200円(税込)
有料
年会費600円
上へボタン

ETC割引サービス

割引サービス画像ETCを利用すると有料道路でさまざまな割引が受けられます。

これらのサービスは「都市部の渋滞の緩和」や「地域活性化の支援」や「物流の効率化」などの問題に、割引サービスを導入しETCを多く利用してもらう事で、どの程度の影響があるかを把握するために設けられた制度です。

これらのサービスは各高速道路会社が提供していて、個々にサービスの種類はありますが、大体は同じような内容の割引サービスを行っています。

高速道路別の割引サービスの一覧はこちらから。

中でも、「時間帯割引サービス」「休日・平日割引サービス」「区間割引サービス」などは、その間を走行していれば自動的に割引が適用されますが、「ETCマイレージサービス」だけは事前に登録が必要になります。しかし、とてもお得なサービスなので、是非、登録する事をおすすめします。(※登録無料、年会費なども無料です。)登録はこちらから。

メモ ETCマイレージサービスとは

ETCマイレージサービスは高速道路会社が提供するサービスで、ETCによる高速国道等の通行料金のお支払額に応じてポイントが貯まり、そのポイントを還元額(無料通行分)と交換できるサービスです。走った分だけポイントが溜まり、その分を「無料通行分」として高速道路などを無料で走行でき「登録は無料で、年会費も無料」という、とてもお得なサービスです。

利用方法
ETCカード/ETCパーソナルカードを入手して、ディーラーやカーショップで車載器を取付けセットアップを完了させます。セットアップに関する説明はETCって?を参照ください。 車載器管理番号は「19桁の数字の識別番号」で、取り扱い説明書、保証書、車載器の裏面や、車載器パッケージ等に記載されています。車載器によっては音声で教えてくれるタイプもあります。他に「ETCカード番号」「ナンバープレート番号」が登録の際に必要になります。 ETCマイレージサービスのHPへアクセスし、必要事項を入力したら手続き完了になります。郵送での手続きもありますが、オンラインでの手続きが早くて便利です。
上へボタン

<前ページ> 「ETCって?」 ETCの概要や車載器について