〜ETCって?〜

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

TOP > ETCって?

ETCに関する基礎知識

ETC画像

ETCの登場により高速道路での料金支払いがスムースになりました。

でも「ETCって何?」「ETCを利用するにはどうしたらいいの?」など、ETCに関する疑問について紹介しています。

ここから「タイヤのサイズ」について説明しています。

ETCって?   ETCを利用するには   車載器とセットアップ

ETCって?

ETC(Electronic Toll Collection)は電子料金収受システムの略で、有料道路で自動的に料金を支払い通行できるシステムのことを言います。車に取付けられた「車載器」とETCレーンにある「路側無線装置」による無線通信によって、お互いを認識し通行することができます。

ETC概略図

ETCの主な目的は「料金所での渋滞の緩和」です。有料道路での渋滞の約3割は料金所で発生するため、ETCを導入することにより、よりスムースな交通を可能にします。

上へボタン

ETCを利用するには

ETCを利用するためには、まず@「ETCカード」を持つ事が必要です。カードを発行する会社(クレジットカード会社など)はたくさんありますが、詳しくはETCカードって?をご参照ください。次にA「ETC車載器」を車に取付けます。ディーラーやカー用品店などで購入が可能です。最近はETC車載器がすでに取付けてある(ビルトイン)車も多くあります。ETC車載器の準備が出来たら、次にB「セットアップ」が必要です。これは車載器に車両情報(ナンバープレート等)を暗号化し記憶させETCを利用できるようにすることで、専門のセットアップ店が行います。(通常、車載器を購入したお店で行えます。)

ETC順序画像

またETCカードは、すべての車載器で利用が可能です。

「自分のカードは自分の車の車載器だけ」という事は無く、他車の車載器でも利用できるため、例えば旅行先でレンタカーを借りた場合などに車載器が付いていれば、ご自身のカードが利用できます。

または複数人で個々のETCカードを1台の車で利用することが出来るため、例えば友達と出掛けた時など「行きは自分のカードで、帰りは友人のカードで」というような使い方もできるので便利です。

しかし、十分に注意しなければならないのは「有料道路の入り口と出口では、必ず同じカードを使用しなければならない」事です。間違って違うカードを使用した場合、料金ゲートが開きませんので追突の危険があります。必ず同じカードで通行するようにしましょう。

上へボタン

車載器とセットアップ

車載器には「2ピースタイプ」 「3ピースタイプ」 「ビルトインタイプ」 「カーナビ連動タイプ」があります。現在は音声や警告音でETCカードの差し忘れなどを報知してくれるタイプが主流で、各メーカーからさまざまなタイプの車載器がラインアップされています。

2ピースタイプは「アンテナ」と「本体」が一体になったタイプです。ETCカードと車載器で構成されているため、2ピースと呼ばれています。通常、無線通信の障害にならないようにダッシュボードの上に取付けます。
3ピースタイプは「アンテナ」と「本体」が分離したタイプです。ETCカードと車載器とアンテナで構成されているため、3ピースと呼ばれています。

アンテナは受信しやすいよう、バックミラー付近に取付けます。また、車載器本体は好みの場所に取付け可能なため、2ピースタイプのようにダッシュボードの上に取付ける必要がなく、見た目もすっきりした配置が可能です。

ビルトインタイプはインパネ部分と一体となった車載器で、見た目も非常にすっきりした形になります。通常は車の購入時にすでに組み込まれているものが多く、メーカーによってさまざまなタイプが用意されています。

カーナビと連動することで、モニター画面に利用履歴の一覧や、ETCゲートの拡大図などが表示され、より便利な高機能タイプ。

 

車載器が準備できたらセットアップを行います。

セットアップとは、ETC車載器に車両情報(ナンバープレート番号など)を暗号化して書き込む作業のことを言います。これは専門のセットアップ店が行うことになっていて、通常、車載器を購入したお店(ディーラーやカーショップ)で行えます。セットアップを行わないとETCを利用できません。

またETCの不正利用などを防ぐ目的で、セットアップ作業は高度なセキュリティに守られています。ETC車載器の車両情報などを管理しているのは「ORSE」(オルセ:道路システム高度化推進機構)という機関で、認証を受けたセットアップ加盟店はORSEから貸与された専用ソフトやUSBキーなどを使用し(オンラインセットアップの場合)車両情報などをORSEに送信し、ORSEから発行された認証キーをセットアップカードに保存し車載器に登録することでETCを利用することができます。そのようなことから、セキュリティの面で個人でのセットアップは出来ないようになっています。お近くのセットアップ店をお探しならこちらをご参照ください。

メモ セットアップには「オンラインセットアップ」「オフラインセットアップ」の2つの方法があり、取り扱う加盟店によって方法が異なります。

オンラインセットアップとは セットアップ店と、情報発行元の「ORSE」との間でセットアップに必要な情報(ナンバープレート番号など)をオンラインで送受信することで、ORSEから認証キーが発行されます。セットアップ店はその認証キーをセットアップカードに保存し、車載器に挿入することでセットアップは完了になります。そのため、短時間でセットアップ作業が完了するので、ETCカードが既にあれば、その日のうちにETCを利用できるようになります。
オフラインセットアップとは 一方、オフラインセットアップは、セットアップ店と「ORSE」との情報交換を「FAX」または「郵送」で行います。そのため、セットアップ完了までは約1週間ほど掛かる場合があります。

また下記のような場合、車載器の再セットアップが必要なので注意してください。下記の条件に当てはまる方は、セットアップ店に行き車載器の再セットアップを行って下さい。

チェック
車載器の再セットアップが必要な場合は 1.ETC車載器を取り替えた時
2.ナンバープレートを変更した時
3.ETC車載器を他の車へ移した時
4.ETC車載器の付いている車を購入・譲り受けた時
上へボタン

ETCの注意点

現在制作中

<次ページ> 「ETCカードって?」 ETCカードの種類や割引きについて