〜EV(電機自動車)〜

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

TOP > EV

EV(電機自動車)って?

i MiEV写真
図:三菱自動車 i MiEV(アイ ミーブ)

「EVって?」「電気自動車ってどんなクルマなの?」

そんなEV(電機自動車)について簡単に説明しています。

※2008年現在の情報を基に掲載しております。

ここから「EV(電機自動車)」について説明しています。

電気自動車って?

EV(電機自動車:electric vehicle)は電力でモーターを回転させて走行するクルマのことでハイブリッドカー(HEV)、プラグインハイブリッドカー、燃料電池車(FCEV)、ソーラーカーなどもEVの仲間と考えられます。このページではバッテリーとモーターで駆動するEV自動車について紹介しています。

今までEVを利用している車両としては、フォークリフトやゴルフカートなど限られた環境の中で使用する車両であり、市販車としてもいくつか発表されましたが、いづれも市場に定着するには至っていませんでした。

その最も大きな理由としては「バッテリーの寿命」の問題がありましたが、近年、バッテリーの技術も大幅に向上していて、中でも「リチウムイオン電池」の技術革新がEV自動車の普及に大きな期待を抱かせてくれます。

そして2010年前後を発売目標としている三菱自動車の「i MiEV」が今後の電気自動車の普及に大きく影響を与えそうです。2008年現在の開発途中であるこのクルマはすでにプレス向けの試乗を行っています。その評価を見ると、非常に高い動力性能を持っていることが伺えます。

ベースになっている「@」も「動力性能」「居住性」ともに高い評価を得ていましたが、この「i MiEV」は「@」の居住性はそのままで、動力性能はそれをはるかに凌ぐと言われています。


「居住性」に関して言えばモーターなので音は静か、またバッテリーを床下に格納している事からバネ下加重
が増し、走行安定性や乗り心地も軽自動車の域から脱していると言われています。

「動力性能」はモーターの特性(回り始めた時に最大のトルクを発揮する)を活かして、ターボ車並みの加速が
得られ、最高速度も130km近い速度が出るとのことです。
また1充電当たりの走行距離は130km〜160km(10.15モードの場合。実走燃費は100km前後になると思われ
ます。)走るそうで、急速充電設備などのインフラ整備が整えば電気自動車の普及に
大きな力となることでしょう。

Co2排出がゼロという環境にとてもやさしいエコカー「EV自動車」。
世界中の自動車がいつかこういった究極のエコカーだけになるといいですね。

三菱 i MiEV(アイ ミーブ)主要諸元
車両 ベース車 i (アイ)
全長/全幅/全高 3395x1475x1600mm
重量 1080kg
乗車定員 4名
能力 最高速度 130km/h
一充電走行距離(10.15モード) 160km(実用燃費は約100km)
家庭充電(フル充電)/200V・15A 約7時間
家庭充電(フル充電)/100V・15A 約14時間
急速充電(80%充電)/3相200V・50kW 約30分
モーター種類 永久磁石式同期モーター
モーター最大出力 47kW
モーター最高回転数 8500rpm
電池 電池種類 リチウムイオン
電池総電圧 330V
電池総電力量 16kWh
駆動方式 駆動方式 後輪駆動
制御装置 インバーター制御

レシプロエンジン ディーゼルエンジン ロータリーエンジン

ハイブリッド プラグインハイブリッド EV 燃料電池車