〜ハイブリッドカー〜

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

TOP > ハイブリッド

ハイブリッドカーってどんな車なの?

ホンダ ハイブリットエンジン写真
図:ホンダ ハイブリッドエンジン

最近、街中でもよく「ハイブリッドカー」を見かけます。

そもそも自動車で言うハイブリッドとはどんな意味なんでしょう?

「ハイブリッドカーってどんな自動車?」「ハイブリッドの魅力って何なんだろう?」

そんなハイブリッドカーについて簡単に説明しています。

ここから「ハイブリッドエンジン」について説明しています。

ハイブリッドカーって?

「ハイブリッド」というのは本来「融合」「異質な物の混成物」等の意味があります。現在、自動車の分類として用いられている「ハイブリッドカー」は「電気(モーター)と内燃機関の組み合わさった車」(Petroleum Electric Hybrid Vehicle (PEHV))として認知されています。

ハイブリッドカーは基本的に「電気モーターが内燃エンジンの補助的な役割」をし、走行するものです。また電気モーターは走行中(制動時)などに充電するシステムを採用しているので、従来の車両と同様に扱うことができます。

ハイブリッドカーの一番の魅力はなんといっても「燃費が良い」「環境にやさしい」等です。

電気モーターは、回り始めた瞬間に最大のトルクを発揮する特性がある為、内燃エンジンが最も苦手(効率の悪い)とされている低速(発進)時に利用されます。その為「燃費が良く、加速がパワフル」な走行が実現できます。

その結果ガソリン消費が少なくなるのでCO2の排出も少ない「環境にやさしいクルマ」として広く普及しています。

ハイブリッドカーの種類

ハイブリッドカーには大きく分けて「シリーズ・パラレル方式」「パラレル方式」「シリーズ方式」の3種類の方式があります。

シリーズパラレル方式詳細図

パラレル方式詳細図

シリーズ方式詳細図

この内「シリーズ・パラレル方式」は「トヨタ・ハイブリッドシステム」(THS-C)として「トヨタ系車両」等に多く採用されています。※「トヨタ プリウス」はシリーズ・パラレル方式の中の「スプリット方式」という機構を採用しています。

また「パラレル方式」は「ホンダハイブリッド」としてシビック等に採用されています。

ハイブリッドに使用するエンジンは「ガソリンエンジン」だけではなく、ディーゼルエンジンと電気モーターの融合した「ディーゼルハイブリッド」も市場に多く普及しています。

またハイブリッドカーには「回生ブレーキ」というシステムを多く採用しています。これは、減速時にモーターを発電機として代用してバッテリーの充電に利用するシステムのことを言います。

さまざまなシステムと併用することにより「省力化」を計り続けるとても魅力的なクルマ「ハイブリッドカー」。今後の益々の発展に期待しましょう。

レシプロエンジン ディーゼルエンジン ロータリーエンジン

ハイブリッド プラグインハイブリッド EV 燃料電池車