〜マニュアルトランスミッションって?〜

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

TOP > マニュアルトランスミッションって?

マニュアルトランスミッションってどんな仕組みなの?

マニュアルトランスミッション図

自動車のトランスミッション(変速機)にもいくつかの方式があります。

このページではマニュアルトランスミッションについて紹介しています。

ここから「マニュアルトランスミッション」について説明しています。

マニュアルトランスミッションって?

始めに、トランスミッション(transmission)は、動力伝達装置のひとつで「変速機」または「変速機構」とも言われ、「エンジンのトルク」や「車の速度」を変換する装置のことです。現代の自動車に搭載されているトランスミッションは大きく分けてマニュアルトランスミッションオートマチックトランスミッションに分類できます。

マニュアルトランスミッション(Manual transmission/略してMT)は「シフト」と「クラッチ」操作により、運転者が任意のギヤーを選択し走行することができるもので、一般的には「4段階」〜「6段階」の前進用ギア+「1段階」の後進用ギアで構成されています。また、一部の車には多いものでは「7段階」の前進用ギアが付いている車種もあります。

マニュアルシフトレバー図クラッチペダル図

走行中にクラッチを踏むとエンジンからの動力を切ることが出来るため、トランスミッション内のギヤーの回転数を合わすことでギヤーチェンジすることを可能にしています。(詳しくは下の「クラッチって?」を参照してください。)

また、ニュートラル状態(N)ではエンジンとクラッチ盤は繋がった状態ですが、トランスミッション内の変速ギヤは動力シャフト(ギヤ)とは離れているため、動力は車輪へは移らず自動車が停止した状態となります。

動力伝達の概略図

また現代の自動車のマニュアルトランスミッションでは殆どが「シンクロメッシュ機構」を採用しています。

これは「ギヤチェンジをスムースに行う為の装置」のことで、「1速ギヤから3速ギヤへ」など減速比の違うギヤでも回転数を同調させ、違和感なくシフトチェンジを可能にしてくれます。

これらのシンクロメッシュ装置が付いていない物を「ノンシンクロ型」と言い、ギヤチェンジする場合はギヤの回転数を自ら同調させる必要があるため、熟練した操作が必要になります(ダブルクラッチ等)。

しかし、実際は面倒なクラッチ操作は行わずにギヤチェンジが可能な為(シフトアップする時はアクセルを一旦戻した時にギヤチェンジすれば「スコッ!」という感じでシフトアップが可能)、素早いシフトチェジを行えることからレーシングカーやオートバイ等には現在でも使用されています。

クラッチって?

クラッチはマニュアルトランスミッションに装備されている、エンジンの回転トルクを伝達する装置です。

クラッチペダルを踏むことでエンジンからの動力を一時的に解除し、トランスミッション内のギヤの回転を合わすことでギヤチェンジを可能にしています。

クラッチ動力図

下の動画で解りやすく解説しています。ご覧下さい。

クラッチが無い場合、ギヤーを変速しようとしても「ガリッ!」というように、動力側との回転数が合わない為に、ギヤーチェンジをスムースに行えません。スムースな運転を行うためにはクラッチは必要不可欠な装置です。

またクラッチの踏み方の技術として「半クラッチ」があります。

これはクラッチを完全に繋いでいない状態のことを言い、発進時や渋滞時、またギヤ変速後などに利用されます。マニュアル車でスムースな運転を行うためにはこの「半クラッチ」も有効な作業の一つです。

またクラッチの種類には「湿式」「乾式」に分類されます。湿式は「オイルの中に浸した状態で動作」するクラッチを言い、乾式は「空気中で動作する」クラッチを言います。