〜ショックアブソーバーって?〜

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

TOP > ショックアブソーバーって?

ショックアブソーバーに関する疑問のページです。

ショックアブソーバー図

「ショクアブソーバーって何?」

そんな疑問についてのページです。

ここから「ショックアブソーバー」について説明しています。

ショックアブソーバーって?

自動車のショックアブソーバー(Shock absorber)は、サスペンションに装着されている「スプリング」と一緒に取り付けられています。スプリングの弾性が路面からの衝撃を和らげますが、それと同時にスプリングの復元力によって車体を振動させてしまいます。その振動を吸収する装置がショックアブソーバーです。また「ダンパー」と呼ばれることもあります。

「サスペンション」とは緩衝装置の総称を言いますが、俗に言われる「サス」という言葉は「ショックアブソーバー+スプリング」を意味する言葉として使用されています。

ショックアブソーバーの役割

当初のショックアブソーバーは、ゴムを利用したものなど様々な方式が試され、一部は利用されていました。

しかし現在では液体の粘性抵抗を利用したオイル式(液体式)のショックアブソーバーが広く普及しています。その粘性抵抗力を減衰力(げんすいりょく)と言います。

オイル式のショックアブソーバーはオイルを満たした筒に、先端にピストンを付けたピストンロッドを入れてストロークさせます。ショックアブソーバーのピストンは注射器などとは異なり、「オリフィス」「ポート」という隙間が空いていて、ある程度オイルを通過させる構造になっています。これによって、ストロークする際にピストンはオイル中を移動することができ、その際にピストンは粘性抵抗を受けます。この抵抗をコントロールする事により減衰力を調整します。

減衰力を調整できる機能のついたショックアブソーバーは底部、又は頭部に「減衰力調整ダイヤル」が付いていてそれらを調整することにより、走行条件に適した減衰力が得られます。

ダイヤルにより、「オリフィス」「ポート」に流れ込むオイルの量を少なくしてあげれば粘性抵抗が増すので強い減衰力(高速走行時に優位)を得ることができます。また流入量を大きく調整すれば逆の効果(低速走行時に優位)になります。

しかし、これらの特性(高速にも低速にも適した)を「両方とも同時に得る」ことは通常のショックアブソーバーでは非常に難しく、そのためコンピューター制御によって複数のポートを開閉し、その時の走行条件に最適の減衰力を得ることを可能にしたショックアブソーバーも一部利用されています。(トヨタ:TEMSなど)

ピストンバルブ断面図減衰力調整機能付きショックアブソーバー図

車高調(しゃこちょう)って?

よく言われる車高調(しゃこちょう)というのは車高調整式ショックアブソーバーを略した言葉として多く使用されています。これはショックアブソーバーに車高を調整する機能の付いたものを言い、また車高を下げた状態を「車高短(シャコタン)」や「ローダウン」等と呼ばれています。

また車高を調整する方式には「Cリング式」「ネジ式」、また「全長調整式」などがあります。

Cリング式はショックアブソーバーのシェルケース部分に何本かの溝があり、そこにCリングをはめ込み車高を調整する方式です。構造がシンプルで安値な特徴がありますが、車高の調整は溝の位置でしか行えないために微調整が難しいという欠点もあります。

ネジ式は、スプリング下部のロワシートの位置を調整することで車高を調整します。車高の微調整は行えますがあまり車高を落としすぎるとショックアブソーバーの有効ストローク長が不足し「底突き」という現象を引き起こす場合があるので注意が必要です。

全長調整式は、車高調本体の下部にあるブラケットを調整することで車高調整を可能にした方式のことです。スプリングの位置は変わることなく車高調整が可能なため、ショックアブソーバーの有効ストローク長も維持できることが特徴です。価格は「Cリング式」や「ネジ式」に比べて高価になっています。

車高調の注意

車高を調整する上で注意することは、「過度のローダウンは行わない」ことや「エアロパーツとの組み合わせ」等が挙げられます。

車高を過度に下げてしまうと少しの段差や縁石への乗り上げの時に、フロントバンパーやシャシー自体を接触させてしまう恐れがあります。またります車高を下げた上にエアロパーツなどを装着した場合、高速走行時などフロント部分に「離対気流(りたいきりゅう)」という現象を引き起こす危険性があ。これによって車体前方で発生した気体の渦が車体の下部に入り込み揚力を発生させ、主に前輪部分のダウンフォースを著しく低下させてしまうため、運転に多大な影響を与えてしまいます。

これらのことを引き起こさないためには、「ローダウンしたらエアロパーツは装着しない」ことや「エアロパーツを装着する場合は、その車に合った(きちんと設計された)エアロパーツを装着する」ことなどが挙げられます。