〜サスペンションって?〜

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

TOP > サスペンションって?

サスペンションに関する疑問のページです。

サスペンション図

車のサスペンションにもいろいろな方式があります。

「サスペンションってどんな仕組みなの?」「どんな種類があるの?」など、車のサスペンションについての疑問について掲載しています。

ここから「サスペンション」について説明しています。

サスペンションって?

自動車のサスペンション(suspension)とは懸架装置(けんかそうち)のことで、これは路面からの凹凸を和らげる緩衝装置(かんしょうそうち)で、乗り心地や操縦安定性 などを良くする為の装置です。

「装置」ということなので、いくつかの部品から構成されています。

それは「サスペンションアーム」「スプリング」「ショックアブソーバー」という3部品から出来ています。一般的にこれらを合わせた物を「サスペンション」と言います。

俗に言う「サス」というのは「スプリング+ショックアブソーバー」を意味する言葉として用いられています。

サスペンション図

サスペンションにはどんな種類があるの?

サスペンションには大きく分けて「2つ」の方式があります。

それは「独立懸架方式(どくりつけんかほうしき/インディペンデント・サスペンション)」「固定車軸方式(こていしゃじくほうしき/リジット・アクスル)」の2つの方式です。

「独立懸架方式」は、左右それぞれの車輪を別々のサスペンションで動作する方式のことで、操作性や乗り心地が良く、一般的な乗用車やスポーツカー・レーシングカーや小型のトラックのフロントサスペンションとしても採用されています。

独立懸架方式サスペンション図写真:独立懸架方式

また独立懸架方式を細かく分類すると

ストラット式」、「ダブルウィッシュボーン式」、「マルチリンク式」 「リーディング式」、「トレーリング式」等に分類されます。

「固定車軸方式」は、左右の車輪を車軸(アクスル)で連結したサスペンション方式のことで、構造がシンプルなために耐久性に優れていて、また凹凸を走行中の最低地上高の変化が少ないため、悪路走破性が良いことが特徴です。しかし、片方の車輪で受けた路面からの衝撃が他の車輪に伝わるために、乗り心地が悪いなどの短所もあります。

固定車軸方式サスペンション図写真:固定車軸方式

また固定車軸方式を細かく分類するとリンク式リーフリジット式トーションビームコイルリジット式ドディオン式等に分類されます。