〜タイヤの交換時期は?〜

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

TOP > タイヤの交換時期は?

タイヤの交換っていつ頃行うのがいいの?

タイヤの画像

このページではタイヤ交換の目安となるあるポイントについて簡単に掲載しています。

タイヤ交換っていつ頃します?なかなか悩みますよね。私は「う〜ん、タイヤの溝も減ってきたし、もうそろそろ交換かな?いや!まだあともう少し履ける!!」 なんて、いつも先延ばしにしています。なんせ、タイヤってそんなに安くはないですから・・・。

そこで、一般的なタイヤの寿命(交換時期)について簡単に説明します。

ここから「タイヤの交換時期」について説明しています。

まずはローテーションから

まず、「新品タイヤ」のときから比べて「結構、溝が減ってきたな。」と思ったらまず「タイヤのローテーション」をしましょう。ローテーションとは「前後左右」のタイヤをチェンジすることです。

目安としては新品タイヤから走行距離5.000km経過したころですが、運転方法や使用条件等によっても磨耗度合が違いますのであくまで目安としてお考え下さい。

ローテーションは、FF車FR及び4WD車によって交換方法が若干異なります。下図を参照して下さい。

※これは4つがすべて同じタイヤの場合の交換方法です。

FF車の場合は前輪2本はそのまま後輪へ、右後輪は左前輪へ、左後輪は右前輪へローテーションします。   FR及び4WD車の場合は後輪2本はそのまま前輪へ、右前輪は左後輪へ、左前輪は右後輪へローテーションします。

FF車の場合は前輪2本はそのまま後輪へ、右後輪は左前輪へ、左後輪は右前輪へローテーションします。

FR及び4WD車の場合は後輪2本はそのまま前輪へ、右前輪は左後輪へ、左前輪は右後輪へローテーションします。

FF車の場合、前輪タイヤが特に減っていきます。FR車の場合、後輪タイヤが特に減っていきます。4WD車(フルタイム4WD)の場合は、発進時には50:50(車によります。)で前・後輪にトルクが掛かるので均等に減っていきます。ただ前輪のほうが方向転換する時に摩擦が生じる為、減りが早い傾向にあります。

この「ローテーション」をすることで、タイヤの寿命はかなり延びます。ですので気がついたときは必ずローテーションをしましょう。

タイヤの交換時期は?

そして、次の交換の目安(新品タイヤと交換)となるのがスリップサインです。

タイヤには「スリップサイン」というタイヤの交換時期を知らせてくれる印がついています。これは新品タイヤでも溝の部分を良く見てみると溝の中ほどに「」があるのが解ります。長く走行しているとタイヤの溝が磨耗していきこのスリップサインが出現してきます。

スリップサイン画像

このスリップサインはすべてのタイヤに義務づけられているもので一般的にはこのラインが出現すると溝の高さが1.6mm以下になっていることを知らせてくれています。※(1.6mm以下のタイヤで走行する事は法令で禁止されています。)

このようなタイヤで急ブレーキをした場合、車の制動距離が延びてしまい事故につながる危険性がとても高くなります。(濡れた路面で「新品タイヤ」と比べた場合、制動距離に約12メートルの差が出てしまいます。)

スリップサインが出現した時はタイヤ交換しましょう。