〜タイヤの歴史は?〜

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

TOP > タイヤの歴史は?

タイヤっていつ頃出来たの?

タイヤの歴史に関するページです。

このページではタイヤの歴史について紹介しています。

ここから「タイヤの歴史」について説明しています。

タイヤはいつ頃出来たの?

タイヤの起源はそもそも3000〜4000年前、メソポタミア文明を築いたシュメール人が車輪を発明したことから
始まります。

最初は馬車のように木製の車輪で出来ていましたが、その後表面に動物の皮を被せ釘で固定して使用して
いたそうです。

長い間この車輪が使われていたそうですが、その後コロンブスがゴムを発見したことから1867年に初めて
ゴム製の車輪が出来たそうです。

ただその車輪というのも、現在使われているような空気が入った(中空タイヤ)タイヤではなく、ただ単に車輪にゴムが使用されていただけのようです。

その後、現在使われているようなタイヤが出現したのは、1888年に英国の獣医ジョン・ボイド・ダンロップ
息子の自転車に用いたのが最初と言われています。

その後フランスのエドワール・ミシュランが1895年に初めてゴム製の空気入りタイヤを装着した自動車を
パリ〜ボルドー往復(1,179km)レースにエントリーさせ優勝したことにより、空気入りタイヤが自動車業界にも普及し始めたそうです。

ダンロップとミシュランってこんな昔からあったんですね(^-^)。